病院でのシミ消し治療について

病院でのシミ消し治療について

シミ消し,病院

 

できてしまったシミは飲み薬でのケアの他に 病院で外科的な治療でケアすることもできます。

 

シミ消しレーザーワンショットいくら、といった広告なども よく目にするようになりましたが、美容外科などではレーザーによるシミ消し治療もよく行われています。

 

この他にも シミ対策にピーリングなどの治療が行われることもあります。

 

それぞれ メリットだけでなくデメリットもありますので 慎重に検討することをおすすめします。

 

 

レーザーによるシミ治療

 

レーザーは特定の波長の光をお肌に当てることで メラニン色素に作用させる治療法です。

 

レーザー照射部分が 2週間くらい かさぶたになり、それが取れると シミも薄くなるという仕組みです。

 

レーザー照射時間は短いですし とても手軽なようですが、リスクなどもそれなりにあるので注意が必要です。

 

まず、レーザー照射そのものは お肌にとって火傷のような状態です。

 

ですので、治療箇所が レーザーの影響でシミとは別に色素沈着を起こしてしまうことがあります。

 

シミを取るために治療を受けたのに 別なシミができてしまうこともあります。

 

また、シミが 治療で薄く目立たなくなっても、お肌の奥に残っていたメラニン色素が半年後や1年後に浮き上がってきて 再び同じ場所にシミとなって現れることもあります。

 

つまり、レーザーを当てたから 必ずシミが取れる、というわけではないのです。

 

場合によっては 色素沈着の影響で 前よりもシミが濃くなってしまうこともあります。

 

そうそう頻繁にあることではありませんが、一定確率で発生すると言われています。

 

ですので、レーザーによるシミ消しを検討する際には こういったリスクなどについて納得行くまで相談できるお医者様にかかるようにしましょう。

 

また、通常のシミのレーザー治療では健康保険は使えません。

 

そのため 診察費などもそれなりに高額になります。

 

レーザーワンショットいくら、といった広告もありますが、他に診察費やアフターケアのための費用などもかかるので注意が必要です。

 

また、レーザー照射した箇所は カサブタがとれるまでの間、保護テープを貼る場合があります。

 

照射箇所が小さい場合は メイクを塗るだけでも大丈夫な場合もありますが、お仕事などの都合で顔にテープを貼るのは・・・という場合にはこの点も注意しましょう。

 

 

ピーリングによるシミ治療

 

シミ消し,病院

 

ピーリングは 主に色素沈着によるシミの治療で行われる治療法です。

 

色素沈着、というと具体的にはニキビ跡や 皮膚のかぶれがシミ状に残ってしまったものにピーリングが効果的と言われています。

 

また、クレーター状のニキビ跡の治療にも使われることがあります。

 

ピーリングというと 市販のピーリング剤を使ったホームケアでお肌が逆に傷む、というトラブルもあります。

 

ですが医療機関でのピーリング治療は お肌の状態を見極めた上で 使用する酸の強さなどを都度調整しますので その点より安心です。

 

シミを消すためのピーリング治療も 原則保険が効きませんので、何回ほど通うことになるのかなどを事前によく相談しておくようにしましょう。