シミ消しの外用薬について

シミ消しの外用薬について

シミを消すためには お肌の内側からのお薬でのケアが必要ですが、お肌の外から美白成分を塗ることで相乗効果が期待できます。

 

皮膚科のシミの治療でも 内服薬と軟膏とセットで処方されることも多くなっています。

 

その軟膏ですが、ビタミンCやハイドロキノン、アルブチンなどの美白成分が配合されています。

 

いずれの成分も 市販のシミクリームに配合されています。

 

ですので、ちょっと使ってみたい、という場合にも気軽に試してみることができます。

 

 

シミ消し薬

 

このような シミの外用薬には、いまあるシミにアプローチするタイプのもの、シミができにくくなるように予防するもの、その両方を兼ね備えた成分のものと 役割もさまざまです。

 

シミが目立つうちは 作用が強い美白成分入りの外用薬でケアをして、気にならなくなってきたらシミができにくいお肌づくりをする美白化粧品に切り替えるというような使い方をしてみてはいかがでしょうか。

 

これは ハイドロキノンなどの作用が強い美白成分は長期使用よりも短期での使用にほうが適しているためです。

 

その代わり、ビタミンCやアルブチンは シミ予防としても使えますし、ハイドロキノンほど作用が強くありませんので 長期の利用もしやすいためです。

 

また、メーカーによっては 独自に発見した成分を美白ケア化粧品に配合しており、お肌により刺激になりにくいことで人気になっているものがあります。

 

 

一口に シミケアのためにお肌の外側からつけるアイテムにも さまざまな種類のものがあることがお分かりいただけたでしょうか?

 

シミ消しは 一定期間ケアを続けることで効果が実感できるようになってゆきます。

 

ですので お肌に合ったものを使い続けるようにしましょう。