日焼けをしてしまった時の対処法

日焼けをしてしまった時のシミ対処法

シミ消し薬

 

シミ対策をしているのでしたら 日焼けは避けたいもの。

 

でも、どうしても日差しの強い季節に屋外で長時間過ごすこともありますね。

 

そうなると気になるのが日焼け。

 

紫外線対策を万全にしていたつもりでも 100パーセントシャットアウト、というのは難しいもの。

 

普段しっかり対策をしている人でも、うっかり日焼けをしてしまうこともあります。

 

また、日焼け止めを塗っていても 時間とともに落ちてしまいますので 塗りなおすことができなかったという方は要注意。

 

対策をしていたつもりでも 日焼けをしてしまっていた・・・ということもよくあります。

 

 

日焼け後のお肌は まずは冷やす

 

日焼け,対処法

 

さて、日焼けをしてしまったら どうしたらよいのでしょうか。

 

お肌が熱を持っていてほてりが続くという場合は かなり日焼けをしてしまっている証拠です。

 

この場合まず心がけたいのが お肌を冷やすこと、そして保湿です。

 

保冷剤をタオルにくるみ、熱をもっているお肌にやさしくのせるようにしましょう。

 

そして落ち着いてきたら 化粧水などで保湿をします。

 

日焼け後のお肌は外部の刺激に敏感になっていますので いつもの化粧水ではしみることもあります。

 

その場合は 敏感肌用の化粧水や 日焼け後専用のローションなどを使うようにしましょう。

 

 

美白アイテムはいつから使うべき?

 

日焼け,対処法

 

日焼けをしてしまったら 美白化粧品も使いたいところですが、まずは保湿をして お肌がクールダウンしたら使うようにします。

 

日焼けをしてしまった!ということで お肌がヒリヒリしている状態の時に美白化粧水などをたっぷり使うのは避けましょう。

 

というのも 美白成分には 作用が強いものもあります、

 

そういったものは お肌に刺激となりやすいものもあり、日焼けによる赤みなどが長引く原因になることもあります。

 

ですので まずは お肌を冷やして落ち着かせることが重要です。

 

そして その上で 様子を見ながら美白アイテムなどを使ってゆくようにしましょう。

 

お肌の内側から効果が期待できるシミの飲み薬でしたら 日焼け直後から飲んでも特に問題はありません。

 

また、ゴルフやテニスといった 屋外スポーツをする予定がある、という時は 前もってビタミンC配合のシミの飲み薬を飲んでおくことで メラニン色素がお肌に定着するのを防いでくれる働きがあります。

 

うっかり日焼けをしやすい夏場などは 上手に活用してみてはいかがでしょうか。