イボ状のしみ

イボ状のしみ

イボ状,しみ

 

シミのようでいて、よく見るとプツっと盛り上がってイボ状になっているものができることがあります。

 

これは脂漏性角化症と呼ばれ、表皮が盛り上がってイボのようになっているものです。

 

茶色くシミのように見えるものもあれば、昼と同じ肌色のままのものもあります。

 

この脂漏性角化症と呼ばれるイボ状のしみですが、首回りなどにできやすい、加齢とともにできやすいのですが、若い方でも出やすく、また、顔などにもできることがあります。

 

シミみたいに見えるということで気になるだけでなく、老けた印象を与えやすいのでイボができると気になるものです。

 

このイボですが、皮膚の構造が変わることでできたものですので、シミ消しのための飲み薬や塗り薬でのケアよりも、イボ専用の治療やケアが必要になります。

 

皮膚科などでは 液体窒素を使った治療が行われており、保険も適用されます。

 

ですが、場合によっては治療痕などが残ることもあるので 保険適用外のレーザーなどの治療をすすめられることもあります。

 

最近では市販のイボ用のジェルクリームなどを使ってケアをすることもできます。

 

イボが多く出やすい方や、イボがまだ小さいという方は こういったクリームでのセルフケアをしてみることをおすすめします。

 

気を付けないといけないのは イボが急に黒く大きくなってきた、という場合です。

 

メラノーマなどの悪性腫瘍の可能性もありますので 気になったら一度お医者様にかかるようにしましょう。

 

また、小さいイボを 気になってかきむしってしまったりして お肌を傷つける場合があります。

 

まずは気になったら市販のイボ用クリームでのセルフケア、そして急に大きくなるなどあれば皮膚科、というようにしてみましょう。

 

 

イボ状のしみ、予防法は?

 

イボ状,しみ

 

この脂漏性角化症ですが、予防のためには紫外線対策もかかせません。

 

首回りにイボができやすい方は、スカーフなどを活用してお肌を守るなど工夫が必要です。

 

また、摩擦による刺激でイボができる場合もあります。

 

固い襟のシャツを着ることが多い、ネックレスを沢山つける事が多い、という方は 首回りが摩擦で刺激となりイボができやすくなりますので注意が必要です。