シミとよく似ている肝斑

シミとよく似ている肝斑

シミ,肝斑

 

シミとよく似ているお肌のトラブルの一つに肝斑があります。

 

紫外線の影響でメラニン色素が増えることでできるシミと違い、肝斑はホルモンバランスによる影響が大きく、そのため妊娠出産、更年期などに出やすくなる傾向があります。

 

シミがポツポツと出るのと違い、肝斑は薄いシミ状のものが広範囲にできるという違いがあります。

 

肝斑は両頬などに左右対称ででることがありますが、おでこや鼻の下などに出ることもあります。

 

 

妊娠をきっかけに肝斑が出来てしまった、という方は産後しばらくすると薄く気にならなくなる方が多くなっています。

 

更年期に肝斑ができたという方も、閉経後薄くなるケースも多いようです。

 

更年期は妊娠出産と比べると長期間ですので 気になるという方は 飲み薬などを使ったケアをしておきましょう。

 

一般的に肝斑の治療ではトラネキサム酸という成分の内服薬が使われます。

 

このトラネキサム酸の飲み薬は市販もされていますので 手軽に購入できます。

 

飲む際には 決められた用法などを守るようにしましょう。

 

トラネキサム酸は もともとは止血剤として使われてきた成分ですので、決められた服用機関を守る必要があります。

 

自己判断で長期使用しないように気を付けましょう。

 

 

肝斑では?と思っても シミだったり、肝斑とシミが混在していたりという方もいらっしゃいます。

 

ポツポツとしたシミが目立つようでしたら、まずはシミの飲み薬を飲んで様子を見るようにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

肝斑を上手に予防するには

 

シミ,肝斑

 

肝斑はホルモンバランスが原因と考えられていますが、ある程度は予防対策ができます。

 

女性ホルモンに影響を与えるストレスは、肝斑を悪化させる原因になります。

 

日ごろの精神的なストレスを 軽いスポーツや趣味などで上手に解消するようにし、寝不足続きで体にストレスがかからないよう気を付けましょう。

 

また、肝斑は紫外線の影響でできるものではありませんが、お肌を太陽にさらしてしまうことで肝斑が濃くなるなどのトラブルも起こりやすくなります。

 

ですので日ごろのUV対策は欠かさないようにしましょう。

 

 

肝斑はホルモンバランスの影響でできるため、ピルを服用すると出始めるという方もいます。

 

その場合はかかりつけの婦人科医に相談してみることをおすすめします。